中山式産業株式会社 常務取締役 magico Division Product manager

中山 貴恵

[お金, 介護, 老後]

シルバー世代が欲しいものは「幸せ」より「お金」

image

image

総務省が6月29日に発表した2015年の国勢調査の抽出速報集計結果で、総人口に占める65歳以上の人口の割合が26.7%と過去最高になり、4人に1人が高齢者。

日本人の平均寿命も年々伸びており、2015年の統計では、男性は80.50歳、女性は86.83歳。

今後ますます高齢化社会になっていくことが予想されますが、高齢者自身の気持ちは若々しいようです。

博報堂生活総合研究所が発表したシルバー30年変化の調査結果によれば、60~74歳のシルバー世代に「自分の気持ちや精神年齢が何歳くらいだと思いますか」と聞いたところ、実年齢のマイナス14歳、平均53歳になっています。
首都圏に住む60歳~74歳の男女700人が回答したところ、「体力や健康状態を何歳だと思いますか」を聞いたところ、実年齢マイナス7歳に、「自分が周囲から何歳くらいに見られていると思いますか」は実年齢マイナス5歳となりました。自分の中では、まだまだ若いと感じている高齢者が多いようです。

また、「あなたにとって60代とは人生のどんな時期にあたりますか」という質問には、「再出発の時」と答える人が2006年の47.6%から52.9%に伸びました。1986年では39.0%だったため、この30年で気持ちが若々しくなっていることが読み取れます。

何歳まで生きたいですかという「希望寿命」も長くなっていて、1986年には80歳だったのが、2016年には84歳になっています。

実年齢より体力や気持ちの年齢が若いと自負していて、これからの人生に希望を持っているように見える高齢者ですが、意外と生活の見通しは暗いようです。「先の見通しは明るいか? 暗いか?」を聞いたところ、「暗い」と答えた人が46.7%。30年間で15.1ポイント上昇しています。

 

image

 

また、「今、あなたが欲しいものは何ですか?」と選択式で聞いたところ、「お金」と答えた人が40.6%、「幸せ」と答えた人が15.7%という結果になりました。

 

image

 

この調査は、欲しいものを「若さ」や「名誉」など20項目から3つを選ぶやり方で、1位の「健康」や2位の「安定した暮らし」に次ぐ3位に「お金」だったそうです。一概には言えませんが、2位の「安定した暮らし」と言うのも、「お金」が大事になってきますよね。30年間で逆転現象が発生し、その差はどんどん広がる一方です。

背景には、老後のことがあるようで、94.2%の人が「子どもに経済的な負担はかけたくない」と回答していました。

 

ちょっと意外で、驚いてしまいました。

お金では…幸せは買えないんじゃないのかと。

老後が長期化し、生活の見通しは暗い状況で、

現実的なお金を求める切実な気持ちがうかがえます。

 

image

やはり1位は「健康」ですね。

いくらお金があっても、「健康」でないと何も出来ないし、幸せとも思えなくないですか。

健康は人生最大の財産です。

 

 

中山式産業株式会社
常務取締役
magico Division Product manager
中山貴恵

 

LINDAμ’sリンダミューズ(主婦の友社)公式ブログ♡ブロガー中山貴恵の LINK先はコチラ♡

 

magicoの情報サイト 『GRAZIA』のLINK先はコチラ♡

 

magico(マジコ)ブランドサイトのLINK先はコチラ♡