Lindaμs

Lindaμs

[インテリア]

家には住む人そのものが現れます LINDAな人のお宅訪問 50’s 美しく暮らす えんどうかつらさん

P90_LINDAな人のお宅訪問_thumb

センスよく佇まいのきれいな人は、その住まいもまた素敵なものです。
取材を通じて出会った3人のLINDAな人のご自宅を訪問。
三者三様の美しい暮らしぶりを拝見させて頂きました。

ピアノ演奏会も開かれる
アンティークサロンのある家

えんどうかつらさん(47歳)
スタジオ・エルミタージュ代表

お家DATA
杉並区の賃貸併用住居で夫と義理の母と3人暮らし。居住空間は3階部分
総床面積:155㎡
居住歴:9年
間取り:スタジオ+3LDK

映画の小道具にも使われた20世紀初頭のヨーロッパ家具

杉並区の閑静な住宅地、その一角にアンティーク家具サロン『スタジオ・エルミタージュ』を運営する、えんどうかつらさんの
お宅が有ります。

9年前、自宅を新築した際に、ご主人のコレクションスペースを兼ねて、このサロンをオープンしました。
フランス語で隠れ家という意味を持つこのサロン。『STUDIO HERMITAGE』と描かれた小さな看板だけが、
ここにサロンがあることを教えてくれます。

室内に配された家具や小物はすべて、海外生活が長かったご主人が、30年以上の長い年月をかけて集めたという20世紀初頭のアンティーク。
これまでに映画の小道具として貸し出されたこともある自慢のコレクションです。
「主人がコレクションしているのは、アールヌーボー、アールデコ様式の家具や小物が中心で、すべてオークションや
ヨーロッパのアンティーク・フェアを回って集めたものと聞いています」とかつらさん。
彼女自身もピアニストとして海外生活が長く、ご主人ともドイツ滞在時に出会いました。

「サロンは撮影用のスタジオとしても貸し出しているのですが、普段は私のレッスン室や、ピアノ教室としても使っているので、
主人は少しもったいないと思っているみたいですね(笑)」

一方、サロンコンサートはご主人も大のお気に入り。クラシック音楽とアンティークな雰囲気とが調和して、まるでヨーロッパのサロンに
いるような気分が味わえると好評です。

P90_LINDAな人のお宅訪問

撮影/飯野高拓
取材・文/ささきみどり デザイン/高橋奈々絵(meets)