医療法人理事長 NR・サプリメントアドバイザー ジュニア野菜ソムリエ 裏千家 茶名

中村 えいり

[美容, 老後]

究極の、最高の、アンチエイジング★(臍帯血肝細胞)

abc

究極の、最高の、アンチエイジング★(臍帯血肝細胞)

 

父と母、94歳 と 84歳。

それぞれの病にとって、今できる最良の治療は何か?

 

考えたすえに選択した、臍帯血肝細胞 のお注射。

母は、1年ちょっと前に。 父は、8カ月前に 打ってもらいました。

 

どのようなものかというと。。。

体の中に入ってきた 肝細胞が、テクテク 歩きまわり修復箇所(病気)を見つけると、修復再生してくれる、

というものです。

 

臍帯血肝細胞とは、

赤ちゃん自身の体の中と 臍帯(=へその緒)、そして 胎盤(胎児側)の中を循環している 血液のことです。
臍帯血の中には、赤血球、白血球、血小板などの 血液細胞と
幹細胞が 含まれております。幹細胞は、心臓・肝臓・腎臓・筋肉・神経・骨・血液・皮膚などに変化する事が出来る。

<帯血幹細胞療法により予防・改善できるもの>
がん、脳卒中、心筋梗塞、糖尿病、アルツハイマー、
骨粗しょう症脳性麻痺、アトピー、肺炎、高血圧、肥満、性能力の向上、
アンチエイジング(若返り)、微病、体質改善など。

 

abc1
 

そして、面白いことに、調べたDNA の型から、先祖がどこから来たのかまでわかるんです。

 ↑ これは、母の。

日本人に 約4千人の割合で 存在し、東北アジア由来と考えられ インドを経由し、東南アジア→インドシナ沿岸を北上→中国→日本。

 ちょっと珍しいタイプのようです。
abc2

 ↑ これは、父。

朝鮮半島由来。 韓国で一番多いタイプ。

 

だそう。 やっぱりね~。 そんな気がしてました。(笑) 顔がね~

 私の韓流好きは、ここが原点でしたか~

 

などと、妙なことに 感動しましたが、

とりあえず、このお注射のおかげ(?)で、母の認知もグ~ンと改善しております。

あとは、父の腎臓や肝臓も改善してくれれば・・・

と、願うばかりです。

細胞くん、頑張って!!

 

細胞が根付くまで、100日。 そして、1回 打つと、10年もつと 言われています。

皮膚細胞も 生まれかわることができるため、最近は、アンチエイジングとしても 脚光を浴びています。

いよいよ、不老不死の時代! 体も若くなり、お肌もプルプルになるそうです^^