医療法人理事長 NR・サプリメントアドバイザー ジュニア野菜ソムリエ 裏千家 茶名

中村 えいり

[介護, 美容, 老後]

チーズが、母に効く!

o0600080013634816614

母は、認知症です。

 

 

でも、かなり、保っています。

発症してから、6~7年 たってるにもかかわらず。。。

 

(この写真は、28年前、母とお庭で。)

 

認知症になるということは、死が近くなる。。。こと、と 言われています。

でも、私はそうは思いません。

努力次第で、寿命は伸ばせる! そう、信じてます。

これまで、母には、認知症薬 以外に、脳に効くというサプリメント、(弊社のピクノジェノールも、もちろん!)

臍帯血のお注射、お食事、運動・・・など、色んな面で 全力でサポートしてきた結果、今も 普通の生活を維持できているのです。

body_nou
今回、また、新たに、

脳に、認知症に、効く! と証明されたものがあります。

チーズです!!

83166436

詳しく知りたい方だけ、お読みください ↓

 

アルツハイマー病の 原因物質と考えられているものに「アミロイドβ」 というものがあります。

アミロイドβとは タンパク質の一種で、アミノロイドβは 脳内に過剰に 生産され 蓄積すると 老人斑とよばれる凝集体が形成されます。

アルツハイマー病の患者の脳には、多数の老 人斑がみられることがわかっています。

今回の 研究では、アルツハイマー病 モデルマウスに カマンベールチーズから 調整した餌を摂取させると、

脳内の アルツハイマー病の原因物質である アミロイドβの沈着が有意に抑制され、脳の炎症症状が 緩和されることが 確認されました。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~



簡単に説明すると・・・

認知症の人の脳には、海馬の部分に、サビがくっついてくるんです。

でも、チーズを食べると、くっ付くのを防ぐことができる。

ということなのです。

 

camembert-thumb-400x400-400
さらに、

有効成分とし   ”カマンベールチーズ” に「オレイン酸アミド」 と 「デヒドロエルゴステロール」が含まれていることを発見しました。

オレイン酸アミドは、脳内の アミロイドβなどの 老廃物を除去する役割を担う ミクログリアと呼ばれる細胞を活性化しながら 抗炎症活性を示す成分です。

デヒドロエルゴステロールにも、抗炎症活性作用があることがわかっています。

これらの成分は、チーズに含まれる白カビの発酵過程で 生成されたものと考えられています。

(米国科学誌『PLOS ONE』(2015年3月11日号)に論文として掲載)。

東京大学大学院農学生命科学研究科、キリン株式会社、小岩井乳業株式会社
共同研究。

 

 

まだまだ 解明されてないことが 色んな分野に 多くあるのです。

「コラーゲンは 食べても効かない!」と、偉そうに言ってた アンチエイジングの先生が

コロッと変わって 「実は、効くことがわかったんです~」と言うし。。。

ヒアルロン酸だって、塗っても 飲んでも 効かないと、今は 言われてるけど、わかってないだけで 効くのかもしれませんよね。

どちらにしても、どんなものでも、長く コツコツ続けることが、若さと 健康の 秘訣!

なのだと、私は思っています^^

 

 

サプリメントアドバイザー(日本臨床栄養協会・独立行政法人国立健康栄養研究所、認定)中村英理